ホーム » 未分類 » 歯医者に行かない理由

歯医者に行かない理由

誰でも病院に行くのが好きという人はいないでしょう。数ある病院の中で歯科は苦手という人が多いです。それはなぜでしょうか。歯は乳歯と永久歯があり永久歯が虫歯になると生え変わる事がありません。そのため永久歯に生え変わった小学生ぐらいになると歯医者に通う事が増えます。虫歯になったら早い段階で治療をした方が良いと考える親が多いからです。小さな子供にとって歯医者の治療は恐怖に思う事がとても多いです。治療に使用される機械の音やいたみた振動などに加え、頭を動かしてはいけない状態で長時間口を開けていかなければいけません。

低学年の子供にとっては難しい事で怖いというイメージが強くなります。更に抵抗して動いた場合、押さえつけられたりして治療する事が多いです。そのため小さな頃に歯医者さんが嫌いになる子供が多いです。そのまま大人になると子供のころからのイメージが強く、どうしても痛くなるまでは歯医者に行かない人が多いです。

しかし歯科も医療機器が発達しているため、痛くない治療法が開発されています。新しくレーザーを使用した治療法が開発されています。通常の治療より歯を削る部分が少ない為、健康な歯を残す事ができます。痛みや振動や音などもなく無痛治療とも言われています。