ホーム » 未分類 » 無痛治療とは

無痛治療とは

歯科は一回、虫歯になると数回に分けて通わなければいけません。歯医者が苦手な人にとって何回も通う事がとても苦痛に感じるでしょう。そこでなるべく治療が安心して受けられる歯医者を探す事がお勧めです。安心して通い続ける事ができる病院の条件として、治療の痛みが少ないことが上げられます。最新の医療技術が備わっている病院では、無痛治療を意識して行っているところが多いです。

まず一番多いのが麻酔の痛みです。麻酔の針入る回数も多い場合があるので、苦痛と感じる人が多いです。そこで使用されるのが、表面麻酔です。麻酔を打つ箇所にジェル状の表面麻酔を先に塗っておきます。そうする事で麻酔を打つ時の痛みを軽減することができます。何度の抜き差しする場合はなおさら痛みを軽減する事になります。また、麻酔の痛みは針の太さによっても異なります。

針の太さが細ければ細いほど、痛みが和らぐことがわかっています。そのため極細の注射器を使用している病院がお勧めです。また注射に関しては痛みをなるべく痛みを感じさせないように粘膜を引っ張り緊張させた状態で、ゆっくりと注射をするのがポイントです。このような技術をしっかり身に付けて、日々の治療を行っている病院もあるので、ホームページなどで確認しながら探してみましょう。