無痛治療とは

歯科は一回、虫歯になると数回に分けて通わなければいけません。歯医者が苦手な人にとって何回も通う事がとても苦痛に感じるでしょう。そこでなるべく治療が安心して受けられる歯医者を探す事がお勧めです。安心して通い続ける事ができる病院の条件として、治療の痛みが少ないことが上げられます。最新の医療技術が備わっている病院では、無痛治療を意識して行っているところが多いです。

まず一番多いのが麻酔の痛みです。麻酔の針入る回数も多い場合があるので、苦痛と感じる人が多いです。そこで使用されるのが、表面麻酔です。麻酔を打つ箇所にジェル状の表面麻酔を先に塗っておきます。そうする事で麻酔を打つ時の痛みを軽減することができます。何度の抜き差しする場合はなおさら痛みを軽減する事になります。また、麻酔の痛みは針の太さによっても異なります。

針の太さが細ければ細いほど、痛みが和らぐことがわかっています。そのため極細の注射器を使用している病院がお勧めです。また注射に関しては痛みをなるべく痛みを感じさせないように粘膜を引っ張り緊張させた状態で、ゆっくりと注射をするのがポイントです。このような技術をしっかり身に付けて、日々の治療を行っている病院もあるので、ホームページなどで確認しながら探してみましょう。

治療の進化

歯科に通う事が苦手という言う人はとても多いのではないでしょうか。治療に対する苦痛や恐怖などを抱えている人が多いからです。歯医者では痛かった手を挙げて下さいね、と声を掛けられることがあります。実際に手を挙げたのに治療を辞めてもらえなかったなどという経験もあるでしょう。いろんな苦い体験がある人ほど、どうしても敬遠しがちになってしまいます。しかし今の歯科の治療はとても進化しています。そのため無痛治療などを推進している病院も増えてきています。

今新たな治療法として取り入れられているのが、レーザー治療です。顕微鏡を使い虫歯の部分だけを削っていきます。そのため健康な歯を削ることなく治療を行う事ができます。振動や痛みも少なく安心して治療をける事ができます。更に治療の中で痛みを感じるのが麻酔を打つ時です。歯の治療で痛みを感じる時は麻酔を打つとになります。その際に麻酔を打つ部分の痛みを極力減らすために、麻酔の塗り薬を使用します。

そうする事で麻酔による痛みを減らす事ができます。歯科の治療方法の中に無痛治療がある事を知っている人が少ないです。昔から治療法が変わっていないと思いがちです。しかしより多くの患者さんがリラックスして治療ができるように工夫されています。

歯医者に行かない理由

誰でも病院に行くのが好きという人はいないでしょう。数ある病院の中で歯科は苦手という人が多いです。それはなぜでしょうか。歯は乳歯と永久歯があり永久歯が虫歯になると生え変わる事がありません。そのため永久歯に生え変わった小学生ぐらいになると歯医者に通う事が増えます。虫歯になったら早い段階で治療をした方が良いと考える親が多いからです。小さな子供にとって歯医者の治療は恐怖に思う事がとても多いです。治療に使用される機械の音やいたみた振動などに加え、頭を動かしてはいけない状態で長時間口を開けていかなければいけません。

低学年の子供にとっては難しい事で怖いというイメージが強くなります。更に抵抗して動いた場合、押さえつけられたりして治療する事が多いです。そのため小さな頃に歯医者さんが嫌いになる子供が多いです。そのまま大人になると子供のころからのイメージが強く、どうしても痛くなるまでは歯医者に行かない人が多いです。

しかし歯科も医療機器が発達しているため、痛くない治療法が開発されています。新しくレーザーを使用した治療法が開発されています。通常の治療より歯を削る部分が少ない為、健康な歯を残す事ができます。痛みや振動や音などもなく無痛治療とも言われています。

歯科のイメージ

誰もが病院に行くのが好きという人は少ないでしょう。私たちは痛いと感じる部分を専門的に扱う病院に行き治療を受けます。いろんな器官がある中で、苦手意識が高いのが歯の治療です。子供から大人まで歯医者が苦手という人はとても多いです。子供にとっては口を長時間開けているのも大変で、顔を動かしてはいけない為我慢をすることが大変です。動いたら危ないからと小さなころに体を押さえつけられて治療した記憶がある人も多いでしょう。

そういった記憶から大人になっても怖いというイメージが頭から離れない人も見ます。さらに口の中の治療は音や振動、痛みなど敏感に感じやすいところです。苦手意識が強い人は歯が痛んで、日常生活に支障を感じるまで歯医者に行かない人もいます。長期間放置してしまうと口内環境にも悪影響を与え、虫歯になっていない歯にまで悪影響を与えてしまいます。なるべく早い段階で治療をすることで、歯への負担も少なくなります。

歯医者が苦手な人でも、歯科の医学進歩によって、痛みを感じることなく治療する事ができます。麻酔をする前には痛みを感じないように塗り薬を使用します。麻痺させることで麻酔の注射の痛みを軽減できるよう工夫されています。更にレーザー治療を取り入れている歯医者では、今までの様な音や振動もなく削る範囲も少ない為、歯への負担も少ないです。痛みも少ない為、歯の治療に対する恐怖心も感じる事が少ないです。最新治療をうけられる歯医者を探して、安心して治療を受けてみましょう。